雑穀通販サイト『雑穀MANIA』では栄養素の高い国産のオーガニック食品を取り扱っています

 

雑穀のレシピとメニュー

発芽玄米と雑穀の炊き込みごはん

発芽玄米をベースに他の雑穀と組み合わせて炊き込みご飯の作り方をご紹介いたします。
中性脂肪抑制などの効果があわると言われている玄米をベースとすることで、白米よりも栄養価が高まる主食になります。

【用意するもの】
玄米 … 1合
TANA-TSU-MONO(15穀オリジナルブレンド) … 1/3合
酢 … 大さじ1
塩 … 少々

玄米を1合ほどご用意いただき、雑穀は玄米1合に対して1/3用意します。
ここで用意する雑穀は何でも良いのですが、今回は色々な雑穀が既にブレンドされている「15穀オリジナルブレンド」を使用します。
雑穀は単品でも、好きな雑穀だけで作っていただいても大丈夫です!

玄米と雑穀をよく水洗いします。
両手を合わせるように洗うと良いと思います。
何度も水をかえてこれを繰り返し、白い濁りがなくなるまで洗ってください。

この時に細かい雑穀と一緒に洗っている場合は、水と一緒に流れて行ってしまう可能性があるのでザルなどを使って水を切ってください。
よく洗った後は水に浸けておきます。
夏場は12時間ほど、冬場は1日水に浸けておきます。
途中で1回~2回ほど水をかえてください。

玄米がぷっくり盛り上がって芽の部分が少しツンとなっている状態であればOKです。
炊飯器で玄米のメモリの2合分まで水をはります。
白米メモリの場合は2.5~2.7合ぐらいに合わせましょう。
※硬い方が好みの場合はここで水を少なめに調整します。
最後に塩を少々と酢を入れて炊飯していきます。
炊き上がった時は酢の匂いは消えていて、ふっくらモチモチとした炊き上がりになります。

炊き上がった後は茶碗によそえば完成です。
塩分が足りないと思った時はごま塩などで調整してください。
元々栄養価の高い玄米に更に雑穀の栄養素を加えたスーパーフードで体調管理も万全です!

厳選国産100% 有機発芽玄米200g

雑穀について

雑穀のレシピとメニュー

ページトップへ