雑穀通販サイト『雑穀MANIA』では栄養素の高い国産のオーガニック食品を取り扱っています

 

雑穀のレシピとメニュー

手間暇かかっても食べたくなる『うずら豆』の甘煮

今回ご紹介するうずら豆は皮の模様が『ウズラの卵』に似ている事からつけられたネーミングです。
ずら豆はいんげん豆の仲間でビタミンB1・B2も豊富で栄養にも富んでいます。
切り干し大根と出会いでおかずに炊いても美味しくいただけますが、今回は甘煮のレシピをご紹介させていただきます。

まずはうずら豆を戻しましょう

【用意するもの】 うずら豆:100g
塩:小さじ1/4杯
重曹:小さじ1/10杯

生豆100gを水で数回よく洗って400ccの水に一晩つけておきます。
一晩つけた豆と水をそのまま鍋に移して火にかけてください。
塩小さじ1/4杯と重曹小さじ1/10杯を加えて、沸騰したらアクを取ります。中~弱火で20~25分程度茹でてください。
適当な硬さになったら、火を止めそのまましばらく自然に冷やしてください。茹で汁を切ったら出来上がりです。

ここからが甘煮の作り方

【用意するもの】 うずら豆:100g
砂糖:120g
薄口醤油:小さじ1/3杯

上記の方法で豆を戻したら鍋に水600ccと砂糖60gを入れ、砂糖が溶けたら(1)を加え、中~弱火でコトコトと20分程度炊く。
残りの砂糖60gを加えて、さらに15分程度炊きます。
薄口醤油を加え、さらに数分炊いてください。
煮汁が豆の半分程度になったら火を止め、そのまま自然に冷ませば完成です!

戻すまでの手間暇はかかりますが、食べた時の美味しさは豆の甘煮の中でも一位二位を争うほどの美味しさです。
手間暇かけても作りたくなる美味しさなので、皆様も是非一度お試しください。

うずら豆 200g

雑穀について

雑穀のレシピとメニュー

ページトップへ