雑穀通販サイト『雑穀MANIA』では栄養素の高い国産のオーガニック食品を取り扱っています

 

雑穀について

ダイエットの補助的な役割を果たす『うずら豆』

うずら豆

以前紹介した「紅絞り豆」と同じく、今回ご紹介する「うずら豆」もインゲン豆の一種なんです。
低脂肪、高タンパクで健康食品なんかとしてもよく食べられていますね。
特にビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く含まれているため、甘煮や煮豆、煮物など色々な料理に利用されます。

ダイエット効果のほどは

初めに言っておくと、うずら豆を食べることで直接的なダイエット効果は得られません。
ではダイエット効果がないのかと言うとそれもちょっと違います。
ではどういうことかと言うと、うずら豆を食べることによって、炭水化物(糖質)の代謝をたすけてエネルギーをつくり出します。
つまり炭水化物を効率よくエネルギーに変えてくれるので、炭水化物を摂っても太りにくい体になるということです。

ダイエットよりも健康維持の方が得意なうずら豆

実はうずら豆は持っている栄養素から考えると、ダイエットよりも健康維持の方が得意な豆なんです。
例えばうずら豆には「葉酸」や「ビタミンE」などが含まれており、貧血予防や動脈硬化やがんの予防、免疫力の向上に役立ちます。
さらに「ビタミンB2」「ビタミンK」なども含まれており、女性がよく悩む粗しょう症の予防だったり、活性酸素の発生や酸化力を抑え、細胞の酸化を防ぎ、血管や肌の細胞老化も防いでくれます。

うずら豆の人気レシピは煮豆

紅絞り豆と同様にうずら豆も煮豆に適した豆です。
水煮だと食べづらいなんて方には甘煮をお薦めします!
煮る際にしっかり水分を含むまで十分浸けておけば水分を吸ってふっくら馴染み、程よい甘さがついついパクパク口に運んでしまいます。
注意点としては煮汁も必ず一緒に摂ることです。
煮た際に栄養素が煮汁に出ますので、煮汁と一緒に食べないと栄養のない豆をただ食べているだけになってしまうので、ここだけはおさえておきましょう!

雑穀MANIAでは健康維持の味方『うずら豆』を取り扱っております。
一度うずら豆の煮豆を作って食べてみてください。ご飯と一緒に食べれば炭水化物を効率よくエネルギーに変え、更に健康維持にもつながり一石二鳥です!

厳選国産 うずら豆 200g

雑穀について

雑穀のレシピとメニュー

ページトップへ